弥栄法律事務所

全国対応無料相談・秘密厳守 0120-076-253

出会い系サイトでお困りなら弁護士にご相談ください。

親身・スピーディーな対応で皆様の平穏な生活を取り戻します。

  • 出会い系詐欺の対応はスピードが勝負です。
  • 詐欺被害救済の実績多数の事務所です。
  • 全国対応で出会い系詐欺に取り組む弁護士です。
  • 秘密厳守ですので安心して相談できます。
  • 初期費用なしの完全成功報酬です。
  • 主婦の方の相談も多く受け付けております。

よくある質問

出会い系詐欺の場合

Q.出会い系サイトで会えないのは詐欺ですか?

A.会えないから詐欺とは限りません。詐欺行為だと断定する材料は様々ですので気になるようでしたら相談は無料で行っておりますのでご相談ください。

Q.退会処理をしても退会された事になりませんどうしたらいいですか?

A.悪質性が強い出会い系サイトの特徴です。そもそも悪質性が強い出会い系サイトは退会手続きメールが来ても無視している傾向にあります。退会をさせないのが悪徳出会い系サイトです。この場合特に何も請求されていないようでしたら、アドレスの変更をオススメします。もしなんらかの請求があるようでしたらご相談ください。

Q.サクラってどれがサクラなの?

A.サクラとは運営者側が雇った人に異性のフリをさせ、利用者と連絡をとらせる方法であり、偽りの人物の事であってどんな人物かまでは特定できません。しかしサクラはポイントをいかに多く消費させるかです。本来出会い系サイトは男女共に平等でなければいけないものですので一方的な出来事が起き始めたら注意が必要です。健全な利用者いますので、おかしいなと思いましたらご相談ください。

ワンクリック詐欺、架空請求の場合

Q.「IPアドレス」「プロバイダ情報」「リモートホスト情報」などが表示されているけれど、大丈夫ですか?

A.サイトにアクセスすると相手方に伝わるのは一般的な情報で、これらから個人情報が漏れることはありませんので、心配する必要はありません。

Q.「所在地情報取得」と表示されて、自分のいる位置が相手にわかっているみたいですが、大丈夫ですか?

A.所在地情報からは個人情報が漏れることはないので、心配する必要はありません。

Q.「少額訴訟を起こす場合があります」と書いてありますが、放っておいて大丈夫でしょうか?

A.裁判や訴訟という言葉を使い、不安をあおって料金を支払わせようとしているものです。こちらから連絡を取ることは絶対にやめましょう。全く身に覚えのない料金請求に対して少額訴訟が起こされた事例はありませんが、仮に裁判所から正式な書類がきた場合には、無視をせずに当事務所にご相談いただければと存じます。

Q.一度「お金を払う」と言ってしまったのですが、払わないとダメでしょうか。

A.たとえ「払う」と言ってしまった後でも、払う必要はありません。

ご依頼に際してのよくある質問

Q.追加料金などが発生することはありますか?

A.基本的にご依頼者様へのお知らせがなく、追加料金が発生することはございませんが、ケースにより追加料金が必要な作業が生じた場合には都度お客様へのご説明と了解を頂いております。

Q. 証拠が少ないのですが、それでもお金を取り戻せますか?

A.少しでも相手方に繋がる情報があれば対応が可能になるケースも多々ございます。まずは一度ご相談ください。

Q.以前に他の事務所に相談して断られましたが大丈夫ですか?

A.ほかの弁護士、司法書士に断られたケースでも返金に繋がっているケースもございます。あきらめずにご相談してください。

Q.家族に知られたくないのですが、内密に依頼を受けてもらえますか?

A.正式にご依頼いただく際には、委任契約書を交わす必要があります。書面を郵送する際には、事務所名を入れずに弁護士の個人名でお送りすることも可能ですのでご安心ください。

Q.遠方に住んでいるのですが、依頼は可能でしょうか?

A.もちろんです。まずは一度ご相談いただければと思います。お気軽にお問い合わせください。

Q.複数のサイトを利用してました。費用も増えてしまうのでしょうか。

A.サイトの数で費用や報酬が増えることはありません。ご安心ください。

Q.警察に相談し、相手にしてもらえなかったケースでも返金できますか?

A.刑事事件(犯罪捜査)と民事事件(被害金の回復)とは、全くの別問題です。警察は、刑事事件のみを取り扱っており、基本的に民事不介入のスタンスを取っています。したがいまして、警察に相手にしてもらえなかったからといって、被害金の回復を諦める必要はございません。まずはご相談ください。

被害について

Q.出会い系サイト、副業サイトとサクラサイトは違うのですか?

A.従前、サクラを用いて詐欺行為を働くサイトはいわゆる「出会い系サイト」と呼ばれていました。
この出会い系サイトは、男女の出会いを提供するサイトということで、メールのやり取りの相手が実はサクラだったというものです。メールのやり取りのためにポイントを購入する必要があり、やり取りが長引くほど多額のポイント料が必要になるというものです。
いくらやり取りを続け、デートの約束を取り付けても、実際にはやり取りの相手が現れることはないもので、このような出会い系サイトはポイント料名目で金銭をだまし取るために業者に仕組まれたものでした。
最近は、このような出会い系サイトに限らず、携帯で副業のできるサイトということでサイトに誘導し、やり取りをしているうちに根拠不明の利用料や手数料を要求される被害があります。これが「副業サイト」と呼ばれるもので、仕組みは出会い系サイトと同じです。
その他にもサクラを用いてポイント料などを要求し、金銭をだまし取るサイトが無数に増えている現状を踏まえ、これらのサイトを総じて「サクラサイト」と呼ぶようになりました。
したがって、出会い系サイトも副業サイトもいずれもサクラサイトの一種、という説明になります。

Q.出会い系というと男性が被害に遭うことが多そうですが、出会い系被害に遭うのはどのような方が多いでしょうか?

A.女性の被害も多く、男女同等の被害が見られます。また被害に遭う方の年齢も幅広い状況です。